メンタルケア心理士 看護師にこそ取得してほしい資格

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

心理学を勉強する看護師は多い

 

メンタルケア心理士 看護師にこそ取得してほしい資格ということですが、看護師の方の中には心理学を勉強する方が非常に多い傾向にあります。もちろん、看護師になる過程で心理学を勉強するということもあるのですが、実際に看護師として働くようになってから心理学を勉強するようになるというケースも非常に多いのです。

 

心理学に興味を持っている方であれば、心理学のセミナーや講座を利用したことがあるのではないでしょうか。そういったところにも看護師の方というのは、非常に多いのです。ひとりでこういったセミナーや講座を利用する方もいれば、看護師仲間と一緒にセミナーや講座を利用する方もいます。

 

なぜ看護師の方で心理学を勉強する方が多いのかというと、その仕事の中で心理学の必要性を感じるようになるからです。一般的に看護師の仕事というのは、穏やかで平和なものというイメージを持たれがちです。看護師の方を昔から「白衣の天使」と表現することが多いかと思うのですが、まさにこのイメージなのです。しかしながら、実際の看護師の仕事というのは思っている以上にハードです。

 

看護師の方はひとりで何人もの患者さんを受け持つことになりますし、その患者さんが全員穏やかないい人というわけではありません。いわゆるクレーマーのような面倒なタイプの患者さんもいるでしょう。しかも、看護師の方は看護師同士で患者さんの状態などの情報を共有する必要があります。人の命を左右する現場だからこそ、しっかりとやりとりをしなければいけないのです。

 

何人もの患者さんの対応、看護師同士での情報共有、医師とのコミュニケーション・・・こういったものが当たり前の中で、不規則な勤務を続けることになるのです。本当に休む間もないことでしょう。忙しいからこそ、心に余裕を持てるかどうかが重要になってくるのです。そういった流れで、心理学を勉強するという結論に至る看護師の方が多いのです。

 

心理学を勉強するならメンタルケア心理士の資格を取得すべき

 

メンタルケア心理士 看護師にこそ取得してほしい資格ということですが、せっかく心理学を勉強するのであれば、ただ勉強するだけで終わらせずに資格取得を目指していったほうがいいでしょう。心理系の資格の中にもいろいろなものがありますが、心理学を勉強するのであればメンタルケア心理士の資格を取得してほしいものです。

 

というのも、資格というのはその分野における一定の知識やスキルを保有しているということの証明になります。資格にはこだわらないという方もいるかもしれませんが、何かあったときに資格を持っている人と資格を持っていない人であれば、資格を持っている人のほうが「信頼できる」「信用できる」と思われるものです。

 

極端な話をすれば、どんなに心理学を勉強して専門家レベルの知識やスキルを持っていたとしても、信頼度や信用度では資格を持っている人に負けてしまう可能性があるのです。言ってしまえば、持っているだけの知識やスキルに見合った評価を受ける可能性というのが低くなってしまうのです。一生懸命に勉強をした方であればあるほど、悔しい思いをすることになるでしょう。

 

心理学を勉強するのであれば、ひとつのゴールとしてメンタルケア心理士の資格を取得しておきたいものです。心理学を勉強した看護師の方自身にとっても「自分はここまで勉強したんだ!」という自信につながってきますし、メンタルケア心理士の資格を取得することによって、周りからの反応や評価というのも変わってくるかもしれません。「たかが資格」と思っている方もいるかもしれませんが、社会に出て働く方にとって資格というのは非常に大きな影響を及ぼすものなのです。

 

メンタルケア心理士の資格を取得すると看護師の仕事の見え方が変わる

 

看護師の方がメンタルケア心理士の資格を取得すると、看護師の仕事も変わってきます。というのも、まず看護師の方自身の中で変化が感じられるようになるのです。先でもお話ししましたように、看護師の仕事というのは非常にハードです。何人もの患者さんを受け持つことになりますし、その中にはクレーマーのようなタイプの患者さんもいるでしょう。

 

メンタルケア心理士の資格を取得する前というのは、そういった面倒な患者さんに対して「はいはい」と受け流したり、時には「本当に面倒・・・」とうんざりしていたりしたことでしょう。しかしながら、メンタルケア心理士の資格を取得すると、そういった患者さんへの見方というのも変わってきます。相手の心理というものを自然と見ていこうとするようになるのです。

 

看護師の方に限ったことではないのですが、自分にとって面倒な相手というのは極力関わらないようにするものです。できるだけ話さないようにするでしょうし、嫌なことをされれば「本当にこの人は性格が悪いな」ということで片づけてしまうでしょう。しかしながら、メンタルケア心理士の資格を取得できるほどまでに心理学を勉強すると、「なぜ面倒なことばかり言うのか」という相手の心理面が気になるようになるのです。面倒なことを言うには何かしらの理由があるはずだということに気が付くようになります。

 

実際に、看護師の方が受け持つ患者さんは患者さんでいろいろなものを抱えているものです。体のことが不安で看護師の方へ無駄に絡んでしまうということもあるでしょうし、入院中の寂しさから看護師の方へきつく当たってしまうということもあるのです。クレーマーや性格の悪い患者の一言で片づけてしまうには可哀想な事情もあるかもしれません。そういったところに気が付くようになると、それがきっかけで患者さんとの関係が好転することもあるのです。

 

また、看護師同士でのやりとりや医師とのコミュニケーションでも変化が感じられるようになります。「どうしたらスムーズに伝わるか」「この表現で相手に伝わるだろうか」といったところを考えるようになりますし、相手からの反応でショックを受けるようなことも減ってくるでしょう。基本的に看護師同士でのやりとりや医師とのコミュニケーションというのは、非常にスピーディーです。相手に伝わるまでじっくりと時間をかけてというのは看護師という仕事柄、難しくなってくるでしょう。だからこそ、より効率的な伝え方を考える必要がありますし、相手からの反応でショックを受けている暇もないのです。

 

看護師の仕事というのは忙しいからこそ、あまり感情にこだわらないほうがいいのです。心理学をしっかりと勉強してメンタルケア心理士の資格を取得すると、感情のさらに奥にある心理というものを見つめることができます。知識やスキルがあるからこそ、冷静に分析していくことができますし、その時々で対処していくことができるようになるのです。

 

また、看護師の方自身のメンタルコントロールも可能になってきます。人の命を左右する仕事だからこそ、メンタル面ではやはり影響を受けやすくなるものです。しかしながら、メンタルコントロールができるようになると、ショックなことがあっても自力で素早く立ち直れるようになるものです。看護師の仕事で体よりもメンタルのほうが疲れ切っていたという方であれば、メンタルケア心理士の資格を取得することによってより大きな変化を感じられるようになるのではないでしょうか。見え方が変わると、それまでと同じ景色でもまったく違う形で見えてくるものなのです。

 

メンタルケア心理士の資格で看護師の仕事の幅も広がる

 

心理学の勉強をしてメンタルケア心理士の資格を取得しておくと、看護師としての仕事の幅が広くなります。看護師の仕事をしている方の中には、向上心を持っている方も多いですし、だからこそ「もっと他の仕事もできるようになりたい」「キャリアアップしたい」といった気持ちを抱いている方も少なくありません。メンタルケア心理士の資格であれば、看護師の方のこの気持ちに応えてくれるかもしれません。

 

というのも、メンタルケア心理士の資格を取得するとまずその仕事ぶりから変わってくるものです。仕事ぶりが改めて評価されるようになって他の仕事を任せられることもあるでしょうし、単純にメンタルケア心理士の資格を取得したことによって職場での評価が変わってくるということもあるでしょう。任される仕事の幅も広がるでしょうし、昇給や昇格の可能性だって高まってくるのです。

 

また、メンタルケア心理士の資格を取得すると、心理カウンセラーとしての仕事もできるようになります。メンタルケア心理士の資格は心理カウンセラーを名乗るのに十分な資格だともいわれていますので、実際に患者さんに対して心理カウンセリングをおこなっていくこともできるでしょう。場合によっては「先生と話すより看護師さんと話しているほうがいい」と言われることもあるかもしれません。

 

看護師の仕事では、基本的に何人もの患者さんを受け持つことになりますし、その患者さんとのやりとりがメインになってきます。そこで心理カウンセリングができるだけの知識とスキルがあれば、より現場でも役立つことができるでしょう。患者さんだけではなく、患者さんのご家族とのやりとりも発生してくるでしょうから、そういった部分でも知識やスキルを発揮していくことができます。

 

看護師の方で「もっと仕事ができるようになりたい」「もっと上を目指したい」という向上心を持っている方にこそ、是非メンタルケア心理士の資格を取得してほしいと思います。看護師としての自分の価値を高めるだけではなく、心理カウンセラーとして活躍できる新しい道も作りだしてくれる資格なのです。看護師というハードな仕事だからこそ、メンタルケア心理士の資格を取得することによって大きな変化を感じられるのです。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑